そらログ

わかりやすく、モノや情報をレビューし、シェアしたい

【レビュー】電動歯ブラシにおすすめの歯磨き粉『デントヘルス 薬用ハミガキ 無研磨ゲル(ライオン)』~おすすめのオーラスケア製品《6》~

そらログの”そら”です^^

電動歯ブラシを使い始めた時に悩むのが、歯磨き粉です。歯ブラシで使う歯磨き粉と同じでよいのかなぁ?

実は、良くありません。理由は後ほどお伝えしますが、今回は、電動歯ブラシにおすすめの歯磨き粉デントヘルス 薬用ハミガキ 無研磨ゲル(ライオン)』をレビューいたします。

電動歯ブラシにおすすめの歯磨き粉に必要なこと

<1>研磨剤が入っていないこと

電動歯ブラシは、例えば、フィリップスのソニックケアであれば、1分間に31000回振動します。ですから、研磨剤の入っている歯磨き粉を使うと、歯や歯ぐきが傷んでしまいます。
 

電動歯ブラシについては、『フィリップス:ソニックケアー ダイヤモンドクリーン』をレビューしていますので、参考にしてください。

▼『フィリップス:ソニックケアー ダイヤモンドクリーン』レビュー

muu8san.com

 

<2>発泡しにくいこと

普通の歯磨き粉には、発泡剤が入っています。歯みがき粉を泡立たせることで、口の中に歯みがき粉が広がり汚れが洗浄されやすくします。
一方で、電動歯ブラシで使うと泡立ちすぎて、口の中に歯磨き粉が広がり過ぎ、2分間も磨き続けるのが難しくなります。
 

この2つをクリアすることが、電動歯ブラシに使える歯磨き粉の条件です。

デントヘルス 薬用ハミガキ 無研磨ゲルは?

2つの条件をクリア

デントヘルス 薬用ハミガキ 無研磨ゲル(ライオン)』は、2つの条件をクリアしています。

デントヘルス 薬用ハミガキ 無研磨ゲル(ライオン)

写真の通り、「無研磨」がキャッチコピーです。
ゲルタイプの方が、普通のペーストの歯磨き粉よりもしっかりと磨くのに適しているようです。普通のペーストの歯磨き粉は、発泡剤の効果で歯磨き粉が広がりますが、ゲルタイプは、低発泡のため歯磨き粉が広がらない分、しっかりと磨けます

デントヘルス 薬用ハミガキ 無研磨ゲルの特徴

特徴
研磨剤無配合
低発泡タイプ
③ 徹底殺菌(IPMP配合)
④ フッ素を基準上限量まで配合
⑤ 薬用成分が歯ぐきにとどまる「高粘性ゲルタイプ」

▼ライオン公式ページ
デントヘルス薬用ハミガキ 無研磨ゲル

① 研磨剤無配合
電動歯ブラシ用の歯磨き粉の条件<1>をクリアです。

② 低発泡タイプ
<電動歯ブラシ用の歯磨き粉の条件<2>もクリアしました。

③ 徹底殺菌(IPMP配合)
ライオンの歯磨き粉「システマEX」にも配合されているIPMP。殺菌力が非常に高いことを実感しています。

④ フッ素を基準上限量まで配合
市販品の歯磨き粉の上限な1500ppmなのですが、市販品はその基準をクリアするために、1450ppmに抑えて配合しています。この歯磨き粉も、1450ppm配合されています。

無研磨ゲルは高濃度フッ素を1450ppm配合

⑤ 薬用成分が歯ぐきにとどまる「高粘性ゲルタイプ」
無研磨ゲルとあるように、低発泡ですし、成分が歯ぐきにとどまりやすいようです。是非チェックしてみてください。

デントヘルス 薬用ハミガキ 無研磨ゲルまとめ

電動歯ブラシにおすすめの歯磨き粉デントヘルス 薬用ハミガキ 無研磨ゲル(ライオン)のレビューでした。

デントヘルス 薬用ハミガキ 無研磨ゲル 全体写真

この歯磨き粉を5年以上使っていますが、電動歯ブラシのブラシ部分につけて磨くときに、泡が立ちませんから、しっかりと2分間磨き続けることができます

私は、1分で電動歯ブラシを一旦とめて、再度、無研磨ゲルを電動歯ブラシのブラシ部分につけて使っています。それだけ、泡が立たないということで、しっかりと磨く電動歯ブラシに適した歯磨き粉だと思います。

フッ素濃度も高濃度で、ムシ歯や歯周病に持っても大切な殺菌も、殺菌力の強い”IPMP”で徹底殺菌です。

電動歯ブラシにおすすめですので、是非チェックしてみてください。